2014年7月26日土曜日

2007年10月21日~23日 京都一人旅 1日目

投稿記事の時期が前後しますが、ロシア旅行の前に
京都旅行に出かけました。

30代・40代と病気と手術が続き、
2007年、手術から7年経ったので、もうそろそろ遠出が
出来るかなと足ならしのつもりで出かけました!
一人旅初めてでしたが、国内ですしね。京都だし♪




東京駅10時50分発の新幹線から見えた富士山!
富士山は、何時見ても感激しますね。
日本人だ~!







新幹線の車内販売でコーヒーを買いました。
平日のこの時間帯、新幹線すいていました。
今考えると新幹線って、料金高いですね。








ま、新幹線内では、車窓から見える風景にキョロキョロ。
トンネルあり、鉄橋ありで楽しかった!
で、程なく京都駅に到着








言わずと知れた、京都タワー
ホテルになってますね。

昔、お坊さんをしていた祖父が
お東の須弥壇に分骨された翌年、
父母と3人でなんとか会ってのに来た時、
ここに泊まったと記憶している。







こちらは、京都駅の並びかな?
プリンスホテルのマークに見えるけど?
ホテル・グランビアだそうです。
アチクシの泊まったホテルは、八条口のR&Bホテルでございました。







チェックイン前の時間でしたが、ホテルに行き
荷物を預かってもらって、向った先はここ。

京都駅構内をつき切って北口(とは言わないけど)方面へ。
東本願寺。







京都に行ったら、お祖父ちゃんの分骨されている
お東の須弥壇に行かない訳には参りますまい。
(こんな日本語あったかな)






しっかしなのです!
行ってみたら、東本願寺は親鸞聖人の750年なんたらの為に
大修理を行なっている最中で、
須弥壇は参拝禁止になっていたのです。







これが、まぁ、お東の門です。
阿弥陀堂門のようです。
菊の御紋があるのは何故?
自分、お東のお坊さんの孫なのに
な~んも知らんですわ~。






そうです、こちらの小っちゃい門の方ですから、
阿弥陀堂門ですね。









中に入ってすぐ。阿弥陀堂でしょう。
境内広いですので、そんなに混雑している風ではありません。
東本願寺って、観光地というよりは、
現役のお寺ですからね。








この当時は、神社仏閣なんかほとんど見た事なくて、
こんな風に網が張り巡らされていると
物珍しくてパチパチしてました。







おそらく左手が修復中の御影堂(ごえいどう)
右手が参拝受付所?







で、中に入れた阿弥陀堂の廊下
中の撮影は禁止。
普通に法事をしている人がいました。

観光客はその後ろの囲いからこっち側で
見ているだけ。






修復中の御影堂の屋根裏の写真









こんな風になりますという見本でしょうか?






瓦も色々







御影堂門も修復なんですね。







御影堂は、こんな風になりますという
写真もありますね。








研修中の学生のような人もいました







境内図だそうです。
HPにきちんとしたのがアップされています。






さて、東を見たら、当然西も見なくっちゃと
この道をまっすぐ行くと西本願寺に出るはず。








堀の蓮は、このシーズン枯れていました。






ひっそりとした裏通りをかなり歩いて
ようやく西本願寺が見えてきました。
健脚じゃない人はバスか電車の利用を勧めます。
で~ら~疲れたです。







このおじさんの後をついて行きます。








うわっ!
お西ってキンピカだね~!! (@_@;)
お東が華美だと思っていたけど・・







門もこの通りキンピカ






道を挟んだ対面だったかにあるお西関係の会館
紋所が我が家の紋と同じで、
東本願寺大谷派なのにどうしてお西と同じ紋なのか
ずっと不思議でいます。
東京本願寺もこの下り藤に二巻き弦の
所謂九条藤の紋だよね。







お西側から通りのあちらを見ると、
なんだか京都らしい雰囲気があります。







で境内に入ってみました。
こちらも親鸞聖人の750年御遠忌法要修復中
工事中じゃないこちらは、阿弥陀堂(重文) 
きゃ~~!!

わぉ!
西本願寺って、世界遺産なんですね!






あっちには、入れないんですね。
御影堂(ごえいどう)重文!
きゃ~~!!







なにやら霊験あらたかな木がありました。
西本願寺のHPで境内図をみて、
大銀杏というのがありますがそれでしょうか?

境内図をみて面白いこと発見!
阿弥陀堂と御影堂がお西とお東では逆の位置にある。
何か意味があるのかしら~?








さて、お東からお西へテクテク歩くのに時間がかかり、
もう夕方になったので、夜型人間のアチクシは
貪欲に嵐山へ向います!
京都なら嵐山でしょう!
向った先は天龍寺








臨済宗天龍寺派の大本山
開山は夢窓国師
正式名:霊亀山天龍資生禅寺







しかし、夕方4時半過ぎ、5時近く。
すでに閉館してまして、
ここで有名な方丈庭園も当然ながら
閉園でした。
どこも9時-5時なんですね。
わぉ! 天龍寺も世界遺産だわ!(@_@;)






ま、しょうがありませんわね。
お寺周辺を散策






先ほど、正面に見えていたお寺の長い道を戻ります。
参道?







上の建物を覗くと天井に龍!
天龍寺は法堂に加山又造筆による迫力ある
平成の雲龍画があるとかで
特別拝観時しか公開していないとかなので、
これは違うようだけど、ま、いいんじゃな~い(^_^)v







龍の天井の下は普通に?仏壇ですね。
臨済宗のご仏壇はこういう様式なんですね。







この後、嵐山のお土産街を散策し、
渡月橋まで足を運び、
向こう岸まで渡ってオルゴール館って何だろうと思い、
鴨川の岸の風景を見て宿舎に帰ってきました。
ここ、京都R&Bホテル。
寝るだけの部屋です。ベッド広いから十分。








0 件のコメント:

コメントを投稿