2011年9月27日火曜日

4日目(2008年8月24日・日) ⑭サンクト・ペテルブルグ 2日目夕方

さて、半年ぶりのご無沙汰!
エルミタージュを見学してまたぞろ宮殿広場に出てまいりました!
自立する塔






宮殿広場の様子をしばし。
こういうアーチ型の門? ここで初めて見て感動しましたが、
なに、あ~た! 
あらゆるヨーロッパ建築の良いとこどり模倣をしたピョートルとエカテリーナ。
これ、ローマに本家本元がありました!

でも、こちらは模倣なだけあって、新しく綺麗は綺麗で、
かつ広大なので、見応えはあります!






広場の様子をしばし。
見るからにロシアのどこかから来た家族連れの観光客ですね。
ロシアの皆さんも、観光ができるようになっているんですね、
って、ソ連時代から?






あら? 
観光家族のお母さんかと思ったこの方、地元の職業婦人の様ですね。

このだだっ広い宮殿広場。
ピアース・プロスナン主演の「007」シリーズでこの広場を
縦横無尽に戦車で破壊尽くしていましたが、
いかに復興中だったのかもとはいえ、度が過ぎている様に
見えたのは、ワタクシひとりだったでしょうか?

007といやぁ~、国宝姫路城にも穴開けた悪たちですから・・








さて、バスでやってきたのは、こちら!
ガイドブックには、ニコライ宮殿とあるのですが、
ほんとだったかどうか?
手元のメモによると「ニコライ1世の息子のための屋敷」とある。
これ、アホのミハエルの説明を書きとめたもの・・







正面玄関。
夕食前にワイン1杯とフォークロワショーを一幕見学。
地元の人と思しきもたくさん入って盛況でした。
もしかしてロシア各地からの観光客だったかも?







こんな感じの屋敷でございます。








 
中では、コザックスタイルの歌とダンスのショー。
この太っちょの方率いるこの4人組男性コーラスが
最後にアカペラで「ボルガの舟歌」を合唱します。

昔、父親が家族の前で学芸会宜しく、披露してくれて、
そのまんまのメロディーと歌詞でびっくりしまして、
ちょっと思い出してジーンときました。






出演者も民族が多彩。
アジアっぽい人もいて、多民族国家を認識しました。







この緑の民族衣装の方は、ま、サンクトペテルブルクの黒柳徹子
とでも申しましょうか、同じく右手にいるSPのブラピに
何やら言い寄っている様子。
この人が一手にコミカルな役回りを引き受けています。

どこでも劇の構成は同じですね。







ニコライ宮殿入ってすぐの階段。









さて、フォークロワショーを後にして、
またぞろバスでネフスキー通りの中心部へとって返します。

イサーク寺院






イサーク寺院まえ広場






イサーク寺院







イサーク寺院と向かい合うマリンスキー宮殿。
現サンクトペテルブルク市庁舎







この広場でバスを降りて、アストリアホテル(左)の
横のこの掘り返してある脇道を通り、
夕食のためレストランへ向かいます。








何と言うこともない、前菜・・








周りの殻を破ったら、中は固い肉のスープ。
総じて、このツアーで案内されたレストランの食事は
お勧めできません。

ホテルのバイキングはどこも最高でしたから
きっともっとおいしいレストランはあるはず。







どうということもないクレープ

この旅行中、食べ物の画像がないことに気づき、
最後に撮ってみました。








夕食後外に出てきて、まだこの明るさ。
北欧に近い緯度ですからね。

道路工事をしている、これは戦車?








道路工事だけでなく、水道の工事もだったかな?







ま、そんなこんなで目抜き通りの工事中の道の
脇をとおってバスの待つ広場へ向かいます。









前を歩いているツアー客の背の高さと比べて下さい。
いかに巨大な建物かお分かりでしょう。
って、これが普通?







ようやく広場も薄暗くなって来ました。








そうして、戻ってきましたホテル・モスクワ。
サンクトペテルブルクなのにモスクワとはこれ如何に?

モスクワ行の駅(その名もモスクワ駅)の近くなんですね。








夜9時半過ぎ。
ホテル・モスクワのロビー。








V-shan のお部屋でございます!