2010年10月12日火曜日

4日目(2008年8月24日・日) ⑧サンクト・ペテルブルグ 2日目午後 エルミタージュ見学

いよいよエルミタージュを見学する!
美しい天井!




大使の階段(ヨルダンの階段)





大使じゃないけどゾロゾロ上る。
かつて皇帝に会うために各国の大使がここを上ったのでこの名前がある。





黒い大理石の美しい柱。
ちょっと見える天井がはティッツィアーニの「オリンポスの山」





大理石の階段。バロック様式の装飾。
豪華絢爛であるよ。





初っ端なのでついつい撮影に夢中。パチパチ。





これがその「オリンポスの山」






階段途中から来し方を見る。






さて、どこの間だったろう?





解りました! 元帥の間ですワ。
元帥たちの肖像がは捨て置きもっぱら壁などの装飾をパチパチ。
O.モンフェランの設計を火災ごP.Vスターソフが復元。





ピョートルの間(小玉座の間)に入って参りました!
何故天井が先かって?
それは前をゾロゾロと各国の観光客が歩いているからです。




それに、人って初めてのとこって、
わぁ~と言いながら見上げるんじゃないかしらぁ~?
ま、装飾が豪華なんです。同じく小玉座の間。





床のモザイク模様も沢山あるのですが、
何せ人が去ることはないので、
人の足に阻まれ撮影できません!
写せるのは大して美しいとは思えないような部分のみ。
残念。






結局ピョートルの間での小玉座は撮影できず、
次、こちらは「紋章の間」
1000㎡を越える冬宮で最大のホール。





1837年の火災後スターソフにより復元されたが、
火災前のインテリアの円柱のアイデアだけ残し
あとは彼がこのホールを今の様に拡張したんだってさ。
金箔が施された黄金の円柱。





闇雲に撮影しているので、見難いと思いますが、
画面左手に黒く見える杯。
砂金石の杯だそうです。
19世紀前半、エカテリンブルグの研磨工房の作。
部屋の4隅には槍を手にする戦士像。槍の柄に紋章あり。





やっと傍まで行けてもどこぞのツアー客が
腰を下ろしていて上手く撮影できませんね。
って、上手く出来ないのは元々でした。





しゃ~ないので、最後にまた人の写る心配のない
上部を写して、次の間へ移りましょう! パチ!


続く・・・    to be continued...

0 件のコメント:

コメントを投稿