2010年9月7日火曜日

4日目(2008年8月24日・日) ⑥サンクト・ペテルブルグ 2日目午前 ペテルコフ2 

さて、ピョートル宮殿内は残念ながら撮影禁止で
画像がありませんが、中を見学してまた正面に出てきました。
人間、画像がないと見学した内容も忘れますね。
画像があると、ああ、そうだった・・あの時こんな風に思ったんだ・・
と思い出せますが、中、思い出せません。





日本円の1000円札で買った、宮殿内の写真集を
見ても自分で撮ったものではないので、
そうだったっけ? という感じしか湧かない・・(ーー;)





さて、宮殿見学が終わるとまたぞろ急いで
この庭園を去ります。
脇の階段から見たところ。




各国の観光客がひしめくので写真撮影も大変ですが、
こんな風に身体をかがめてくれる外国の人の
気持ちが嬉しいです。
北欧の方かしらぁ~?





柵の前まで行って奇跡的に取れた人のいない画像!





本とはこんなですからぁ~。





60基もの噴水と142体とも250体とも
言われる黄金色の彫像がある!
これは中央の噴水池の中のソロモンの噴水。
よく見えなくて申し訳ない・・ (ーー;)






で、噴水と彫像に比べてジャルダンはやはり質素。







噴水の周りには記念撮影用にこんな恰好の人もいるけど・・





そんな記念撮影よりも宮殿下の庭園を見る。






ここの部分だけで日比谷公園くらいはある?
でもほんとうは、大宮殿の裏手に大庭園が
広がりもっと沢山の小さい宮殿がある。





宮殿の上を飛行機が飛んできた。
さあ、これで見学終わり、あとはひたすら
庭園内を走って、船着場へと急ぐ。





温室庭園とやらの中の建物。
なんか喫茶店風だったようだが、ちがったかな?
中を覗く暇(いとま)もなく、先を急ぐ。




「トリトン」の噴水
ギリシア神話?





ここも綺麗な建物と噴水。
Adam 噴水。





回り込んで前から噴水を見たところ






本とに駆けながら庭園内の小道を行く・・





駆け抜けながら、ふとわき道を見ると
悠然と歩いている別ツアーの人。
ミハエルは何でいつも急がせるのか?





ま、全員ここまででてきて、尚少し時間的余裕はあった。
あちらに見えるがピョートル大宮殿正面。
この水路がフィンランド湾に注ぐSea Canal




こういう船に載ってネヴァ河へ帰るのです。




この辺はSt.ペテルスブルクの郊外ですね。




この辺も来るとき向こう側の様子を
バスの窓越しに見てきた地域。





大分中心部に入ってきました。





ヴァシリー島かなぁ?
だとすると総合大学(左)とかと「堂々たる建物」の
海軍大学(右)なのかなぁ?
小ネヴァ川から入ってきたのか、大ネヴァ川から
入って来たのかわからないからなんだか解らない。





多分、ヴァシリー島の建物でしょう。




エルミタージュ。



エルミタージュと海軍省?





イサク聖堂と左はペテロバプロ要塞?
違いました!
 ペテロパブロ要塞と同じ様な尖塔の海軍省でした!
一体船は何処にいるのか??
つまり船は大ネヴァ河にいるのでした。




こちらはやはりヴァシリー島の様子。
ひょうきんなロストラの灯台とあのグレーの建物は、
どうも旧証券取引所・中央海軍博物館だわ・・




「ピョートル期バロック」建築が集まっていると
言われるヴァシリー島。
「赤い」参議会(現在は大学の一部)
「黄色い」メンシコフ邸・・
う~む。ようわかりまシェん・・ (ーー;)





ペテロバプロ要塞。




ま、そんなこんなでエルミタージュのネヴァ川面で
待っていたバスに乗ってこれからお昼を食べに行くのです。

続く・・・    to be continued...

0 件のコメント:

コメントを投稿