2010年9月4日土曜日

3日目(2008年8月23日・土) ④サンクト・ペテルブルグ 1日目夜~2日目朝

さて、血の上の教会を見学後、バスはネフスキー大通りの
最東端、モスクワホテルへと向かうのでした。
右手に見えるのは、ミハエロフ宮殿。
18世紀にパヴェル1世が建てさせたもの。
現ロシア美術館の分館とか・・・





ここがネフスキー大通り最東端のモスクワホテル。
前に立つ銅像は、スウェーデンを打ち破ったアレクサンドル・ネフスキー。
傍には、アレクサンドル・ネフスキー修道院があります。
St.ペテルスブルク出立の早朝、見に行きました。後出予定。乞ご期待!





ホテル前のネフスキー大通り(左手に伸びる道)





最東端ともなると大通りとは言え、こんな程度。





そうして、St.ペテルスブルクの夜は更けたのでした・・・
St.ペテルスブルクなのにモスクワとは此れ如何に?
すぐ近くの駅はモスクワ駅。
ものの本には必ず書かれている不思議な駅名。






こちら、V-shan が泊まった部屋。
一人で泊まるには十分ゆったりしておりやんした。






テレビはフィリップスとかなんとかだったかな?
モスクワではチラとTV見たけど、St.ペテでは見なかった・・
見ておくんだった。 後悔先に立たず。





ベッドはモスクワのホテルに比べて、大分細身。
転げ落ちないように、極力壁際に寄って寝ますた。
グーグーグー






さて、St.ペテのモスクワホテルでも朝のバイキングはディナーと同じで、
前菜から~メイン(朝からステーキもある)~サラダ、飲み物、
フルーツ、スウィーツまで全部あるのをたらふく食べて、いざ出発!
ピョートル大帝の夏の宮殿ペテルゴフに行くのです!

その前にこの塀! ミハエルの説明なし。





その後、ホテルを出る度に何度も通ったのでわかったのですが、
こちらピョートルの夏の宮殿のある所。
中に小さな石作りの宮殿があります。





あれです!





ガイドのミハエルの説明を待っていたら、
危うくショットを逃すところでした。
なんでも闇雲にパチパチ撮影しておくと後でびっくりとニンマリですね。
こちら、St.ペテで最古の石造りの宮殿だそうです。
広さ12ヘクタールの庭園。





なにせ、ホテルが街の最東端にあるので、
毎日ネフスキー大通りの中心に出てくるまでには
大概の有名広場や通りを通ってくる事になります。
中央遠くに見える赤い建物はミハエロフ宮殿。
いつも遠くにしか見えないのが残念。






ネヴァ河沿いを走る。向こう岸に見えるは、
ヴァシリエフスキー島側のロストラの灯台柱
ちょっとユーモラスな恰好。後出。





ピョートル大帝の肝いり人類学・民族学博物館。
クンストカメラ。 双頭の牛やら、家臣の虫歯などがあるとの事。
中を是非とも見学したかった・・
ピョートルってちょっと面白いヤツだよね。





バスの中から撮ったこれ。
St.ペテにはこういう黄色い大きな建物が何軒かあり、
各々有名なのですが、パンピーにすれば、
どれがどれだかようわからん!
ロシア美術館とロシア民族博物館とアレクサンドリンスキー劇場。
このどれかだと思うけど、わかりましぇん!






青の青銅(ピョートル大帝の騎馬像)と
イサーク聖堂。
デカブリスト広場。帝政時代は元老院広場。
ここはこれから何度も通ります。






う~ん・・
旧参謀本部を後ろ側からみてるのかなぁ?
左手に見えるアーチが参謀本部のアーチっぽいけど・・?
わかりましぇん!
ミハエル、何も説明しないんだもん・・






虫が知らせたのでしょうか?
ツアー客の頭も物とせず、撮らずにおられなかった
あの緑色の建物!
今回まで気がつきませんでした。






これは絶対にマリインスキーバレエ劇場でございます!
上の画像の右端の青いマークやらナンやらがまさに
マリインスキー劇場であります!

ミハエルは一体何をしていたんでしょうか?

このあと、ピョートル大帝の大庭園ペテルゴフへと向かいます!
続く・・・      to be continued...

0 件のコメント:

コメントを投稿