2010年8月26日木曜日

3日目(2008年8月23日・土) ③サンクト・ペテルブルグ 1日目 午後 血の上の教会

St.ペテルスブルクから25kmも離れたエカテリーナ宮殿を後にして
さて、いよいよペテルスブルク市内中心部へやってきました!
フォンタンカ運河!?





上がフォンタンカ運河なら、こちらはモイカ川?
バスがどの道をどう通ったのかわからないので、
単なるあてずっぽう。
これから向かう血の上の教会は、モイカ川とフォンタンカ運河の
交差するところに有るのです!





ずにゃ~ん!!
これぞ、モスクワの葱坊主の次に夢に見た「地の上の教会」!
スーパース ナ クラヴィー
アレクサンドル2世が暗殺されたその地の上に建てられた
から、この名が付けられた。 ちれいだなぁ~。





もしも、自分で入場券を買うなら、
観光客の頭の辺りに見えている売り場で買う。
中、お金払えば撮影OK!!
日本の美術館でも今年の7月ごろから撮影OKにし始めましたね。



空はまだ十分青く、外観の撮影もこの通り!
総じて、St.ペテルスブルクは午前中が雨模様。
午後がピッカリの晴れ・・といいうのが多かった。



横広がりな画像もと思いましたが、闇雲でした。



観光客がいっぱいの正面
ミハエル、背が高いのでバッチリ写ってます!
チョコレート菓子の様な教会



道を挟んだトイメンにもこのような教会がありました。
周辺の信者の祈祷用?
観光客でいっぱいの地の上の教会でも祈祷は出来ます・・?



いよいよ中に入る!




中は、華麗なモザイク画。
聖人に窓から差し込む光が当たるように設計されている?



荘厳華麗とはこのことでしょうか?




中央の御廟? 
なんであれ、すべてをモザイクで埋め尽くしてある。
教会内は一見の価値ありです。



天井部分に光が当たるのも
計算された設計でしょうか?
ですね、当然。



各国の観光客でごったがえしていますが、
皆さんお行儀よいです。
やはり教会の見学だからでしょうか?
聖人に光当たってます。




多分これは皇帝が礼拝する場所。
ミハエルのアホがなにやら説明していたのだが、
何を言いたいのかわからなかった。
皇帝は先ほどの真正面の祈祷所のところでは
祈祷できなかったとか何とか・・
わっからん!




中央部分の床。マーブルかしらぁ~?
素晴らしかったよぉ~




ここの床は保護の為に縄が張ってあり、中には入れません。
各国の観光客はそれぞれのツアーガイドさんの説明を聞いています。
ミハエル! 




アレクサンドル2世暗殺後に建てられた教会ですから、
歴史が新しい分、装飾などの完成度は高いですね。




順繰りに前に進んでいって
ようやく正面のここを見学できました。
中、当然キリストですね。
ここの部分だけ、白木?っぽいのが
何となく日本と同じなんだな・・という感じがしましたが・・





天井部分にももちろんキリストですが、
装飾がなんといってもすばらしい緻密さです!




こちらはまた教会の中央に戻ってきての天井部分。
何処をみても綺麗です!





そうして出てきて、ツアーの人を撮影してやろうと
しゃがんでデジカメの操作を教えてもらっている
ミハエル




モコモコした葱坊主の様子
不思議な色合いでモスクワの葱坊主とは
大分違う・・?




ずっと見ていても飽きません




緻密な装飾ですよね~




この中央部分の蟹の脚みたいなのはなんでしょう?
修復中なの?



さて、また続きます…      to be continued..

0 件のコメント:

コメントを投稿