2010年8月20日金曜日

3日目(2008年8月23日・土) ②サンクト・ペテルブルグ 1日目 午後エカテリーナ宮殿

見えてきました! エカテリーナ宮殿の全景! 向かって左手、
ミハエルが急がせるので、途中止まっての撮影ができん! (ーー;)




サンクトペテルブルク中心部から南東25kmの
郊外の避暑地ツァールスコエ・セローに存在する
ロシア帝国時代のロココ建築の宮殿。
只今修復中。 ここでも修復中の書割。





正門から中に入ったところ。
ツアー客がいっぱいで、建物だけの光景を撮る事不可能でした。





もう皆さん、パチパチと撮影に余念なし。
宮殿正面にむかって右手。





また、前後しますが、むかって左手の書割を少し大きく・・・
書割のところは、本とはロシアン正教の黄色い屋根の
宮殿付属の教会なんでしょうかしらぁ?
ここに来る前の角にも小さな教会がありましたが、
あれは宮殿付属の教会じゃなかったのね?




こちら正門を入ったところ。
中側から眺めている。
一人参加の人を撮影してあげてるツアコンのリエちゃん。





ミハエルが入館手続きをしている間に正面部分をパチリ!
ミハエルがやたら急いで歩いたのは、自分のジョッブを
時間内にこなす為だったんじゃない?
あ、因みにこちらからは入れません。脇から入ります!





入ってすぐに目に入ってくる壁の飾り。
この陶器は日本の有田?
やはり宮殿内は素敵ですね。





白い壁に赤いフリフリカーテン。
さすが女帝の避暑館ですね。
現在電球が載っている部分は燭台だったのかしらぁ~?





館内では靴の上にこの様なカバーをします。
床のモザイク細工などの保護の為です。
ミハエルもカバー履いてた。





控えの間みたいなところを通って・・



ここがもっともメインの部屋。
正式には何と言う部屋なのか・・?
ベルサイユ宮殿の鏡の間の雰囲気か?
あ、遂にミハエルの正体が白日の下に晒されましたね。^m^



  メインの部屋とあって、中は各国の観光客でいっぱいでした。





天井の絵





ミハエルが見えてますね~。





この暖炉はオランダの有名な何とかというものらしい。
旅行慣れしている母娘の娘の方が教えてくれた。





わかる人にはわかるらしい高級暖炉など
西欧のいいものを何でも取り入れているのが
ピョートル以来のサンクト・ペテルブルク





この後暫し、同様な部屋が続きます。
琥珀の間だけは、撮影禁止(琥珀にフラッシュがよくないとか)
なので、ここら辺を撮るしかないのでした。





一部修復中の箇所もあります。衝立のところ。





同じ部屋ばかりで恐縮ですが、この後の琥珀の間を
過ぎると、ここに映っているミハエルのヤツったら
その後の部屋は超特急で通りすぎて終わりなんだから・・






食事をしたテーブル





女帝の宮殿らしい雰囲気です。







琥珀の間も通り過ぎ、出口へ向かう廊下の窓。
きっとここからエカテリーナも庭をみたであろうと思い、パチリ!





ついたてで隠されているあたり修復中?
床の模様はなんだろほい?





サッサカ、サッサカ通り過ぎる右手にはエカテリーナの
プライベートルーム?
やはり全体的に女らしい調度家具、壁紙です。





プライベートな部屋での食卓。
朝食とか取ったのかな?
ミハエルは耳たろうで情報をあんまり流さない。
走る様に通り過ぎるだけ。 あんまりじゃない?





で、遂に出口まで来てしまった。
トイレに行きたい人は行きなさいだって・・





外に出るとエカテリーナ宮殿の日本語版写真集を
売っているお兄さん!
1000円でそれなりの写真集が買えます!
ここで買うべきです。 そうとは知らず買わなかった。後悔しきり。





エカテリーナ宮殿(出口側)の庭。
ちょ~っと野暮ったいジャルダンです!
ベルサイユのジャルダンとは比べ物にならないと言ったら言いすぎか?


続く・・       to be continued...

0 件のコメント:

コメントを投稿