2010年8月19日木曜日

3日目(2008年8月23日・土) ①サンクト・ペテルブルグ 1日目午前中

早朝、モスクワのホテルを出発し、S7航空なるソ連の旅客機で
古都サンクト・ペテルブルクへ!
これ、S7の機内食。朝食。
硬っいパンと右側に見えるゼリーの様な容器は水。
テロ対策で機内持ち込みの水はどこの航空会社でも制限されていました。

ちなみに帰りの飛行機でもS7はこの食事でした。
それを考えるとつぶれちゃったJALはサービスが抜群でした。
サービス抜群の方が個人的には好きです。






ロシア国内の飛行機に乗るのは初めてだし、
ロシア国内の空港の事情もよくわからないし怖いので
空港での撮影は皆無。(帰路では撮影しました)

税関のね~ちゃんもニコリともしないでパスポートチェック。
10年前に撮った写真だったのでひやひや。

空港ではSt.ペテルグルクのガイド、ミハエルが待ってました。(ーー;)
先頭を切って到着したのが、V-shan だったので、
ミハエルに、日本側コンダクターと間違われてしまいました。

こちら空港を離れてすぐのホテル






空港はここでもやはり郊外。
モスクワ同様、郊外の住宅は労働者の住まいのようです。






お昼ごはんを食べるのに降り立った通り付近を
眺めていて、発見! 通りの一番奥の建物!
一見スターリン・ゴシックみたいだと思ったのですが、
規模が全然違う。 でも形が似ているようなのでパチリ!






昼食。メモによれば、ロシアの麺入りスープ『ラプシャ』
チョウザメがどうしたこうした・・・
総じて契約レストランでのロシア料理、大したことありません。
ホテルの豪華朝食バイキングが何といっても一番でした。
フルコースありましたから。

で、腹ごしらえをおえて、一路市内を目指します。
先ほどのホテルが右側に見えます。ここはまだまだ郊外。






ガイドのミハエルの説明によれば
St.ペテルブルクには山がなく、これが唯一ある丘とか。

あ、モスクワからST.ペテルブルクまで約1時間でした。
滑走路、超短く、スッと走ってヒュッ! ドンと降りてグググ・・
てな感じでうっへ~と思いました。(@_@;)
本当に日本は素晴らしい国です。しみじみ実感。






労働者が市内に出勤する時利用するバス停。
日本にもこういうバス停ありましたね。(って映画で見ただけですけど)





土曜の午後。
郊外の労働者団地の中を歩く若者。
ウラジーミル。





団地の中の様子。
閑散としている中、孫をあやしている女性?






途中列車待ち。
モスクワも郊外では列車が通っていますが、
クレムリンを中心の広い範囲には線路なし。
地下鉄なんでしょう。 それに比べたらST.ペテルブルクは
市内の大分奥深くまで列車の線路が広がっています。






プーシキン市内。結婚式のようです。
ロシアはSt.ペテルブルクに限らず、プーシキンプーシキンが
至る所に出てきますし、ガイドの口に上ります。
ドストエフスキーだのトルストイの名がガイドさんの口に
上ることはついぞありませんでした。 
やはり文学より詩の方が庶民の生活に入りこんでいるんでしょうか?






と、ミハエルの後を何もわからずゾロゾロくっ付いて行ったら、
それはいきなり目の前に現れました!

エカテリーナ宮殿!

もっと大げさに前振りせんか! ミハエル!





ツアー一行は『耳たろう』なるガイドの声が聞こえるイヤホンを携帯しています。
モスクワでのカエラ(カバエラ)さんの説明もかなり後方を
歩いていても十分に聞きながら観光できました。

しかし、ここでみんないきなりエカテリーナ宮殿を
目の当たりにして驚いたと言うことは、ミハエルは耳たろう操作
何もしていなかったということです。(ーー;)






エカテリーナ宮殿の正面玄関に向かっているところですが、
本とに街中の道をいきなり路地に入って右手へ折れたら、
エカテリーナ! って感じでした。

先ほどの写真の中央真っ黒けの銅像はこの宮殿を完成させた
バルトロメオ・ラストレッリです。 





ミハエルの歩くスピードが早いのでみんなゾロゾロゾロゾロ
黙々と正面目指して歩きます。






こうやって、写真にすると綺麗にみえますが、
あ~た、実際はしろうと目にも書割か?と思うほどの雑な漆喰の塗り。
これ何?何? まさか! と思いつつ付いて行く・・






日本人の背丈と比べるとわかるように宮殿の周りの
建物は、これ宮殿? と思うほど、低い建物。
ますます、テーマパークの書割の様な建物。





ようやく正面に着いた!
雲の色が尋常じゃないのは、日影ではっきり撮れていなかったので
自動修正したからです。
でも、ほんとうに漆喰の塗り方なんて雑もいいとこ。
とても職人のやることじゃありませんでした。
しょっちゅう塗りなおすからなのかしら?






急げ、急げ!
後ろを歩いて遅れをとってる人達。





でも大丈夫。
最後尾はいつもツアーコンダクターのリエちゃん。
遅れている人をもらさず目的地へ誘導する。
決してせっつかない。ただいつも全員の人数をチェックしている。


長くなりそうなので、宮殿の中はこの後。
続く・・・     to be continued...

0 件のコメント:

コメントを投稿