2010年8月26日木曜日

3日目(2008年8月23日・土) ③サンクト・ペテルブルグ 1日目 午後 血の上の教会

St.ペテルスブルクから25kmも離れたエカテリーナ宮殿を後にして
さて、いよいよペテルスブルク市内中心部へやってきました!
フォンタンカ運河!?





上がフォンタンカ運河なら、こちらはモイカ川?
バスがどの道をどう通ったのかわからないので、
単なるあてずっぽう。
これから向かう血の上の教会は、モイカ川とフォンタンカ運河の
交差するところに有るのです!





ずにゃ~ん!!
これぞ、モスクワの葱坊主の次に夢に見た「地の上の教会」!
スーパース ナ クラヴィー
アレクサンドル2世が暗殺されたその地の上に建てられた
から、この名が付けられた。 ちれいだなぁ~。





もしも、自分で入場券を買うなら、
観光客の頭の辺りに見えている売り場で買う。
中、お金払えば撮影OK!!
日本の美術館でも今年の7月ごろから撮影OKにし始めましたね。



空はまだ十分青く、外観の撮影もこの通り!
総じて、St.ペテルスブルクは午前中が雨模様。
午後がピッカリの晴れ・・といいうのが多かった。



横広がりな画像もと思いましたが、闇雲でした。



観光客がいっぱいの正面
ミハエル、背が高いのでバッチリ写ってます!
チョコレート菓子の様な教会



道を挟んだトイメンにもこのような教会がありました。
周辺の信者の祈祷用?
観光客でいっぱいの地の上の教会でも祈祷は出来ます・・?



いよいよ中に入る!




中は、華麗なモザイク画。
聖人に窓から差し込む光が当たるように設計されている?



荘厳華麗とはこのことでしょうか?




中央の御廟? 
なんであれ、すべてをモザイクで埋め尽くしてある。
教会内は一見の価値ありです。



天井部分に光が当たるのも
計算された設計でしょうか?
ですね、当然。



各国の観光客でごったがえしていますが、
皆さんお行儀よいです。
やはり教会の見学だからでしょうか?
聖人に光当たってます。




多分これは皇帝が礼拝する場所。
ミハエルのアホがなにやら説明していたのだが、
何を言いたいのかわからなかった。
皇帝は先ほどの真正面の祈祷所のところでは
祈祷できなかったとか何とか・・
わっからん!




中央部分の床。マーブルかしらぁ~?
素晴らしかったよぉ~




ここの床は保護の為に縄が張ってあり、中には入れません。
各国の観光客はそれぞれのツアーガイドさんの説明を聞いています。
ミハエル! 




アレクサンドル2世暗殺後に建てられた教会ですから、
歴史が新しい分、装飾などの完成度は高いですね。




順繰りに前に進んでいって
ようやく正面のここを見学できました。
中、当然キリストですね。
ここの部分だけ、白木?っぽいのが
何となく日本と同じなんだな・・という感じがしましたが・・





天井部分にももちろんキリストですが、
装飾がなんといってもすばらしい緻密さです!




こちらはまた教会の中央に戻ってきての天井部分。
何処をみても綺麗です!





そうして出てきて、ツアーの人を撮影してやろうと
しゃがんでデジカメの操作を教えてもらっている
ミハエル




モコモコした葱坊主の様子
不思議な色合いでモスクワの葱坊主とは
大分違う・・?




ずっと見ていても飽きません




緻密な装飾ですよね~



2010年8月20日金曜日

3日目(2008年8月23日・土) ②サンクト・ペテルブルグ 1日目 午後エカテリーナ宮殿

見えてきました! エカテリーナ宮殿の全景! 向かって左手、
ミハエルが急がせるので、途中止まっての撮影ができん! (ーー;)




サンクトペテルブルク中心部から南東25kmの
郊外の避暑地ツァールスコエ・セローに存在する
ロシア帝国時代のロココ建築の宮殿。
只今修復中。 ここでも修復中の書割。





正門から中に入ったところ。
ツアー客がいっぱいで、建物だけの光景を撮る事不可能でした。





もう皆さん、パチパチと撮影に余念なし。
宮殿正面にむかって右手。





また、前後しますが、むかって左手の書割を少し大きく・・・
書割のところは、本とはロシアン正教の黄色い屋根の
宮殿付属の教会なんでしょうかしらぁ?
ここに来る前の角にも小さな教会がありましたが、
あれは宮殿付属の教会じゃなかったのね?




こちら正門を入ったところ。
中側から眺めている。
一人参加の人を撮影してあげてるツアコンのリエちゃん。





ミハエルが入館手続きをしている間に正面部分をパチリ!
ミハエルがやたら急いで歩いたのは、自分のジョッブを
時間内にこなす為だったんじゃない?
あ、因みにこちらからは入れません。脇から入ります!





入ってすぐに目に入ってくる壁の飾り。
この陶器は日本の有田?
やはり宮殿内は素敵ですね。





白い壁に赤いフリフリカーテン。
さすが女帝の避暑館ですね。
現在電球が載っている部分は燭台だったのかしらぁ~?





館内では靴の上にこの様なカバーをします。
床のモザイク細工などの保護の為です。
ミハエルもカバー履いてた。





控えの間みたいなところを通って・・



ここがもっともメインの部屋。
正式には何と言う部屋なのか・・?
ベルサイユ宮殿の鏡の間の雰囲気か?
あ、遂にミハエルの正体が白日の下に晒されましたね。^m^

2010年8月19日木曜日

3日目(2008年8月23日・土) ①サンクト・ペテルブルグ 1日目午前中

早朝、モスクワのホテルを出発し、S7航空なるソ連の旅客機で
古都サンクト・ペテルブルクへ!
これ、S7の機内食。朝食。
硬っいパンと右側に見えるゼリーの様な容器は水。
テロ対策で機内持ち込みの水はどこの航空会社でも制限されていました。

ちなみに帰りの飛行機でもS7はこの食事でした。
それを考えるとつぶれちゃったJALはサービスが抜群でした。
サービス抜群の方が個人的には好きです。






ロシア国内の飛行機に乗るのは初めてだし、
ロシア国内の空港の事情もよくわからないし怖いので
空港での撮影は皆無。(帰路では撮影しました)

税関のね~ちゃんもニコリともしないでパスポートチェック。
10年前に撮った写真だったのでひやひや。

空港ではSt.ペテルグルクのガイド、ミハエルが待ってました。(ーー;)
先頭を切って到着したのが、V-shan だったので、
ミハエルに、日本側コンダクターと間違われてしまいました。

こちら空港を離れてすぐのホテル






空港はここでもやはり郊外。
モスクワ同様、郊外の住宅は労働者の住まいのようです。






お昼ごはんを食べるのに降り立った通り付近を
眺めていて、発見! 通りの一番奥の建物!
一見スターリン・ゴシックみたいだと思ったのですが、
規模が全然違う。 でも形が似ているようなのでパチリ!






昼食。メモによれば、ロシアの麺入りスープ『ラプシャ』
チョウザメがどうしたこうした・・・
総じて契約レストランでのロシア料理、大したことありません。
ホテルの豪華朝食バイキングが何といっても一番でした。
フルコースありましたから。

で、腹ごしらえをおえて、一路市内を目指します。
先ほどのホテルが右側に見えます。ここはまだまだ郊外。






ガイドのミハエルの説明によれば
St.ペテルブルクには山がなく、これが唯一ある丘とか。

あ、モスクワからST.ペテルブルクまで約1時間でした。
滑走路、超短く、スッと走ってヒュッ! ドンと降りてグググ・・
てな感じでうっへ~と思いました。(@_@;)
本当に日本は素晴らしい国です。しみじみ実感。






労働者が市内に出勤する時利用するバス停。
日本にもこういうバス停ありましたね。(って映画で見ただけですけど)





土曜の午後。
郊外の労働者団地の中を歩く若者。
ウラジーミル。





団地の中の様子。
閑散としている中、孫をあやしている女性?






途中列車待ち。
モスクワも郊外では列車が通っていますが、
クレムリンを中心の広い範囲には線路なし。
地下鉄なんでしょう。 それに比べたらST.ペテルブルクは
市内の大分奥深くまで列車の線路が広がっています。






プーシキン市内。結婚式のようです。
ロシアはSt.ペテルブルクに限らず、プーシキンプーシキンが
至る所に出てきますし、ガイドの口に上ります。
ドストエフスキーだのトルストイの名がガイドさんの口に
上ることはついぞありませんでした。 
やはり文学より詩の方が庶民の生活に入りこんでいるんでしょうか?






と、ミハエルの後を何もわからずゾロゾロくっ付いて行ったら、
それはいきなり目の前に現れました!

エカテリーナ宮殿!

もっと大げさに前振りせんか! ミハエル!





ツアー一行は『耳たろう』なるガイドの声が聞こえるイヤホンを携帯しています。
モスクワでのカエラ(カバエラ)さんの説明もかなり後方を
歩いていても十分に聞きながら観光できました。

しかし、ここでみんないきなりエカテリーナ宮殿を
目の当たりにして驚いたと言うことは、ミハエルは耳たろう操作
何もしていなかったということです。(ーー;)






エカテリーナ宮殿の正面玄関に向かっているところですが、
本とに街中の道をいきなり路地に入って右手へ折れたら、
エカテリーナ! って感じでした。

先ほどの写真の中央真っ黒けの銅像はこの宮殿を完成させた
バルトロメオ・ラストレッリです。 





ミハエルの歩くスピードが早いのでみんなゾロゾロゾロゾロ
黙々と正面目指して歩きます。






こうやって、写真にすると綺麗にみえますが、
あ~た、実際はしろうと目にも書割か?と思うほどの雑な漆喰の塗り。
これ何?何? まさか! と思いつつ付いて行く・・






日本人の背丈と比べるとわかるように宮殿の周りの
建物は、これ宮殿? と思うほど、低い建物。
ますます、テーマパークの書割の様な建物。





ようやく正面に着いた!
雲の色が尋常じゃないのは、日影ではっきり撮れていなかったので
自動修正したからです。
でも、ほんとうに漆喰の塗り方なんて雑もいいとこ。
とても職人のやることじゃありませんでした。
しょっちゅう塗りなおすからなのかしら?






急げ、急げ!
後ろを歩いて遅れをとってる人達。