2010年7月8日木曜日

2日目(2008年8月22日・金) ⑦午後 モスクワ市内 クレムリン 武器庫・ウィスペンスキー大聖堂など

アルバート通りを回ってクレムリン裏手? にやってきました。
いきなりこの建物、なんなのかわかりません。(ーー;)
わかったら、書き込みしますね。




ここから中へ入ります。クレムリンの武器庫です。
中はロシアにしては珍しく撮影禁止でした。
館長はガガーリンの娘のエリナ・ガガーリナ。


入口へ行く途中のわき道。クレムリンの周りをぐるっと散策できるようです。
武器庫の中はイワン雷帝の三角の毛皮と宝石のついた帽子や
エカテリーナの衣装・馬車などが展示されています。
馬車はすっごい広くて立ったまま乗り込めるのもありました。



さて、武器庫から出てきた後は、周辺のロシアン正教が6つある広場へ。
その名もサボールナヤ広場。
正面に見えるのがウィスペンスキー大聖堂。
ロシア正教の本部がおかれており、歴代皇帝が戴冠式を行ったところ。




上の写真の左手に少し見える建物の壁



これも同じ建物の美しい壁と窓



後は、順繰りに色んな教会



上と同じ



同じく



改装中のブラゴベジェンスキー聖堂
後ろに見えているのが、その窓の形から、クレムリン宮殿



ちょっとツアーの人の顔が入ってしまいましたが、
正面にみえるのがクレムリン宮殿だす!
この辺、大統領府、武器庫、クレムリン宮殿と全部色が黄色と白。
トウシロには見極めが難しかったよ~。
歩いていた時は、全部大統領府だと思って撮影してた。(@_@;)



更に、広場を見回せば、こんな教会もあるし・・



これは上と同じもの



これは先ほどこの広場に入って来た正面に見えた
ウィスペンスキー聖堂の正面の壁のイコン



あ、これは先ほどの塔の鐘と明かり取りのステンドグラス



そのほかこんなのも見え・・




何がナンやらわかりませんが、綺麗です。





ま、広場一体を見回して、こちらへ移動。
大統領府。



こちらも同じくロシア連邦大統領府
ロシアの旗が立っています。



こちら大砲。青銅の大砲で大砲の王様
Tsar cannon



同じく。
この周りを見るとさっき見た広場の建物の配置が少しはわかりますでしょうか?
実はこの大砲の前に青銅の割れた鐘があり、
割れていたのと何の説明も無かったので撮影しなかった。
鐘の王様。 Tsar Bell というものだった。



後ろに見える高い建物。
先ほど壁の大写しをアップした建物。



これは大統領府



で、同じ色しているけど、こちらは武器庫か?



建物の前に大砲なんか置いてあるから
武器庫だね。 カメラを向けるツアー参加者。



こちらは職員専用口なのかしらぁ~?




で、ぐるりんと回ってでてきたのが・・
スパスカヤ塔にばかり注意が行っていましたが、
左の灰色の建物・・



クレムリン大会宮殿
って、宮殿風じゃないけど、クレムリン大会が開かれた建物
天辺正面のマークが欠けちゃった・・ (ーー;)



で、こちらが横丁を見たところ
黄色い建物が今一ナンなのかわかりません。


2010年7月2日金曜日

2日目(2008年8月22日・金) ⑥午後 モスクワ市内 文化人アパート・ボリショイ・KGB・

見るべきものの少ないアルバート通り。




通りの右側にお土産屋さん。
覗き込むだけの親子。我がツアーの一員。




通りの左側。地図によれば、ヴァフタンゴフ劇場。
通りにつきだしているのは、ロシアンカフェ。
かつて東京でも流行ったテントレストランの様。





通り過ぎて振り返ってみたところ。
このテントカフェの屋根の商標登録。
ビールかなんかのロゴとに似てるけど・・・?





公衆電話ボックス。





お隣のビルの窓にあった広告。
なんのコマーシャルでしょう? ん~、イメージできん。





通り過ぎようとした路地にスワ、NHKの車か!
と思いパチリ!  なんか違ったみたい・・





そんなこんなで歩ってもとんと見るべきもの無きアルバート通り。
見上げれば相変わらずのスターリンゴシック。外務省!





飽きませんね。
しかし、ごつい!





しかし、これで今回は見納め!
って、もう一度行く気でいる?
うん。 行けるものなら行きたいよね。





さ~て、バスで移動します。
右手の縦看板。マクドナルド(って本とにそう書いてあるのかな?)
中央ソニーはSONYなのに、なんでマックはロシア語?
ま、このあたりがモスクワの目抜き通りです。





例によって、光をふんだんに取り入れる窓。
ベイウィンドウ。





そして、ずにゃ~ん!!
あれに見えるは、位置的に言っても
かの有名無比なスターリンゴシック。
セブンシスターズの一つ、文化人アパートではござらぬか!





黄色い塔で違いがわかるか?
パンピーにはなかなか難しかったけど・・
第一、ガイドのカエラさん、何にも言わないし・・
大体、ロシアの旅行ガイドの人って旧ソ連時代の物・事には言及しない。





バスの移動に連れて暫しご覧あれ!
あれがスターリンゴシックだ!





あれ?
レニングラードホテルってのはどうした?
現存しないセブンシスターズの一つは
モスクワホテルだったよね?
あー、島田の雅彦ちゃん、なんて言っていたっけなぁ?





ま、whichever..  見てください!




今度来た時は、ロシア人のデニス(って欧米っぽい名前だけど)に
案内してもらおう。





そうこうするうちにバスはクレムリンに
再び近づく・・ スターリンゴシックは遠のく・・





修理中のボリショイ劇場! やったー!
右となりのグレーの建物は地図によれば、ツム百貨店。





これです! 奥の建物がツム百貨店。
写真右手というかツム百貨店の前の黄色いのが
Malyy Theatre





バスが大きく右折した角地にKGB!
例によって、カエラさんは知らんぷり。
帰国後偶然知った!





ここは何でしょうね?
今となってはわかりません。 
タス通信のことはガイドがありましたが、
どれだったのか全然わからん!