2010年6月28日月曜日

2日目(2008年8月22日・金) ⑤午後 モスクワ市内へ スターリンゴシック3つ!!

さ~て、先ほどのどうでもいいような公園を後に
午後からは再び市内のクレムリンに向かいます!
モスクワ川沿い  バスの窓越しに見る陸橋。
(画像大きくしてみた後は、戻るボタンで戻ってね!)



モスクワの中心クレムリンから真西に伸びるアルバート通りへ向かう途中。
西南西のあたり。ここでは3つのスターリンゴシックが見えていいはず。
ウクライナ・ホテル、少し遠くに文化人アパート、手前にロシア外務省。
これ・・ 検索すればするほど、わからなくなるので、このままアップ。
外務省だけは、傍で降りて見たので確かです。
スターリンゴシックの詳しい事はこちらをご覧下さい。




川沿いにグルンと回りながら撮影。


あちらに見えて来たのは、地図によるとRussian Federation Government
1987年だったか88年だったか、大砲が打ち込まれて焦げた
ソ連邦政府じゃな~い? エリツィンが大活躍した時の。




なのでその場所関係からするとこれは、
ウクライナ・ホテルだと思うのですが、よくわかりません!
パンピーには何がなにやら。
バスで傍を通りすぎるだけじゃやはりだめだすねぇ。




ま、わかる人にはわかることでしょうから
暫しご覧あれ。
PS:ウクライナ・ホテルだそうです。
理科捨大先生のご指摘です。謝々。




Voila!




スターリンゴシックであることだけは、
パンピーにもわかります。エヘン!



こっちが正面になるのかしらぁ~?




こちら、近づいてきたロシアン・フェダレーション・ガヴァンメント





そうしてバスはアルバート通りへ!
これはロシア外務省!




ここでは、バスを降りて歩いたので
割とよくわかる。




いかにもお役所らしいよね。





このあたりは、人が沢山行き来していて、
観光客のみならず、ホワイトカラー族が
多く?見かけられたような・・




スターリンゴシックですから、ハンパじゃない大きさです!
当然なかはエレベーターあるんだよね?
だよね。




見上げたって見上げきれない大きさ!




何て書いてあるのかわからないけど、
モニュメントでしょうか?



2010年6月24日木曜日

2日目(2008年8月22日・金) ④モスクワ郊外 ヴァラビョーヴィの丘 モスクワ大学

モスクワ川沿いの修理中建造物の書割を見つつ、
いざ、モスクワ郊外ヴァラビョーヴィの丘へ! すずめヶ丘  
家の近くにあるのはひばりが丘



モスクワ川にかかる橋。




川の中に在るこの像。
何だったかしらぁ~?
きっとピョートル大帝の像だと思う・・?
そうです、調べたらやはりピョートル大帝の像でした。v(^_-)-☆




郊外の建物。
屋上に見えるのはなんでしょう? 




ま、そんな疑問に答えてくれる人は当然なく、
バスは一路すずめヶ丘へむかうよ。
白樺~♪ ビュンビュン!




おお!! 見えて来た来た!
ロシアの叡智の結晶!




ずにゃ~ん!
これぞ、セブンシスターズの一つ!
モスクワ大学! 泣く子も黙るスターリンゴシック!




何だってこんなにおっきいんだっ!
天辺まで登れるのかしら~?
教室の移動、楽じゃないだろうなぁ~。




ロシアの叡智の結晶だけあって、キャンパスが
美しく整備されている!
広い上にまこと素晴らしい!




正面から見たモスクワ大学!
一眼レフのカメラが使えたならもっと素晴らしい画像となったことでしょう。
ま、いっか。 コンデジ専門のⅤ吉です!




大きくてなかなか全部を写せませんです。




☆がまぶしい天辺部分。




ここではバスから降りて、あたり一面を散策しました。
で、モスクワが一番美しく見渡せるという
そのヴァラビョーヴィの丘から市内を見ると・・
これ丘のすぐ傍に見えた、円形建物。




例によってガイドのカエラさんからの説明はなし。
全ソビエト農業展示会(現・全ロシア博覧センター)ってやつかしらぁ?
違いまして、すみません。
オリンピックスタジアムだそうです。
ヴァラビョーヴィの丘で検索すると、沢山の素晴らしい画像がみれまっせ!




まぁ、それはそれとしてモスクワ市内を見渡す。
ほれ! スターリンゴシックが3つも見えるでしょ!
いかに巨大かが知れる。




はるか彼方のロシアン正教の葱坊主やあれは門かなぁ?
郊外に普通のアパート群。
市内にロシアン正教の建物とスターリンゴシック。




左手に目をやると高層ビルが・・




この丘、流石に観光名所。
お土産屋さんがずらっと並んでいました。




総じて観光地のお土産屋さんは顔怖いので買わない。
丘のすぐそばにあるジャンプ台。
何かの国際競技で使われたらしい・・




丘の上から見たときは木々に隠れていた。




ゆっくり散策する暇もなくバスは
白樺林の中をとってかえす・・




同じ道を行ったり来たりするので、ここはわかる。
今朝ホテルから赤の広場に向かう時通った道と建物だ!




目指すはまたまたモスクワ市内。
ほれ、あれに見えるは・・
えと、えと・・ホテル・ウクライナか・・・?
そう。多分そうです。ホテル・ウクライナ!




ノヴォデヴィチ修道院。
クレムリン、赤の広場を中心にしたモスクワ市内を取り囲む
第三環状道路のかろうじて内側。南西部。




バスを降りて外側から眺めるのみ。
でも、ここでもまた詳しい説明はない。




現地でもらった日本語併記の地図の絵を見てわかった。
白い囲いと赤い建物が特徴。





上部分




塔部分。


傍の公園を散策するも何の為かは
一向にわからない。
これ、もしかして地図上に見える乙女公園なのかなぁ・・?


2010年6月18日金曜日

2日目(2008年8月22日・金) ③モスクワ市内 赤の広場

タラ~ン!
駐車スペースから見た赤の広場!
赤といってもソ連だからじゃありません。
ガイドのカエラさんがなんか言っていた。
綺麗なとか何とかそういう意味だったような・・


 
 
こちら葱坊主(聖ワワシリー大聖堂)を背にして
左手にあるレーニン廟。
かつて、時のソ連トップがこの屋上に並び、権力の序列が知れた。





正面から見たところ。中は見学できる。
今でもレーニンの遺体が防腐処理したまま置かれているのでしょか・・
一見の価値はありますね。
後ろの黄色い屋根は首相府。修理中。




葱坊主のトイメン。国立歴史博物館。
御伽噺のお城みたい。何かの映画に出てこなかったっけ?




こちら葱坊主を背に広場右手にある、グム百貨店。
ちょっとお洒落ですよ、ロシアの建物にしては。
この広場はロシア人にとっても観光地らしく、
軍人と思しきが記念撮影しておりました。
これ、ロシアの軍人だよね?



これが、葱坊主を背にした右手の位置関係。
大体お分かりいただけたでしょうか?
とにかく赤の広場は各国からの観光客でいっぱいでした。




で、こちらが赤レンガの国立歴史博物館を背にしてみた
聖ワシリー大聖堂。通称葱坊主。
ほんとだったら中も見たいところ・・
島田の雅彦ちゃんはNHKの特集で中を見学してた。
うらやましいぞ、ロシア語学科!




さて広場左手のレーニン廟に戻り、
こちらはその奥の墓地。歴代首相の墓。
手前に鎖が張ってあり、警備人が居るので傍へは行けません。
中央の白い像。スターリン。




ちょっと拡大してみました。




ところでこの葱坊主から国立歴史博物館へと伸びる道上のこの線。
一体何のためか解りますか?
そう、例の有名な軍事パレードの時、戦車や軍人が行進するためのもの。




葱坊主に向かって真直線!
写真に撮ると距離あるように見えますが、
大した距離の無い広場です。
行進たってあっという間だと思うけど・・
ま、人の山を掻き分けて背伸びして見るにはいい距離なのかな?




さあて、このグム百貨店の更に葱坊主よりに・・




ま、途中更に街中へ続く道やら、
修理途中の建物の書割があったりするのですが・・




書割の前、皆さんが覗きに行く囲いがあります。





中を覗くと、トレビの泉宜しく、コインが投げ入れられていますが・・
何と、ここはかつての首切り場!
ちょっとどんな風に首を切ったのかと想像しますが、
コイン投げ入れてどーすんのよ!




時の皇帝はここから高みの見物。




場所的にはクレムリンの城壁のこちら。
昔の人々は洋の東西を問わず、
よくもまあ公開処刑を見物していたものよのぉ。
時の権力者にとっての抑止力になっていたのでしょうか。



葱坊主の前に立つこの銅像は
ロシアの農民の何とかとカンとかとか・・
ロシア人の名前って聞いても聞き取れないのです・・




葱坊主の頭のアップ!




歴史博物館のアップ!




上の方。屋根の上ところどころ白くなっていますが、雪ではありません。
白く塗られているのか、そういう素材なのか・・、デザインです。




正面玄関扉。
閉まっていたので、左手の窓から中の様子を覗いてみた・・
事務所のようで、雑多な書類が乱雑に積み上げられ
机の上にコーヒーマグ。
尚ジロジロ覗きこんでいたら、おじさんがいてコホンと警告の咳払いをしていた。
ガラスはプラスチックかと見間違うような薄さ。汚れもひどかった。




でもまあ、窓の装飾・デザインは素敵だったよ。
当然中にも入れるのだが、今回のツアーは外を見るだけ。
中の様子はこんな風らしい。



スパスカヤ塔(だと思うけど)。歴史博物館の左。
午後にクレムリンの武器庫を見学するのにまた戻ってくる。




こちらは多分出口になるんだと思う。




上部分。




もしかしたら、クレムリンの城壁の葱坊主に近い方の
こちらがスパスカヤ塔というのかも?
博物館側にも時計こそ無いが同じような↑の塔が
あり、どれを称してスパスカヤ塔というのかは解りません。